« 福島などのヤマメなど、国が出荷停止指示 基準値超え相次ぎ | トップページ

2012年11月17日 (土)

甲状腺1次検査、子供1人がんの疑い 福島 直ちに2次検査へ

甲状腺1次検査、子供1人がんの疑い 福島
直ちに2次検査へ

2012/11/17 20:10

 

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された子供が1人いることが17日、関係者への取材で分かった。

 18日に開かれる「県民健康管理調査」検討委員会で報告される。

 調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は低いとみているが、血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。

 1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。

 9月の検討委では、緊急性は低いが念のため2次検査が必要という「B判定」だった1人が、甲状腺がんと判明したと報告された。だが、がんの状態から「震災以前に発症していた疑いがある」として、原発事故の放射線との因果関係を否定している。

 県立医大は「県内全ての子供の検査という前例のない調査なので、早期発見の子は少なからず出る。放射線との関係を丁寧に調べていく」としている。〔共同〕

« 福島などのヤマメなど、国が出荷停止指示 基準値超え相次ぎ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506297/56134673

この記事へのトラックバック一覧です: 甲状腺1次検査、子供1人がんの疑い 福島 直ちに2次検査へ :

« 福島などのヤマメなど、国が出荷停止指示 基準値超え相次ぎ | トップページ