« MHP2G イベント素材で作れるもの その6 | トップページ | [MHP2G]モンハンくじ »

2008年9月27日 (土)

SystemRescueCDを使って、ノートPC内蔵HDDを大容量のHDDに交換する

ノートPCのHDD容量が少なくなってきたので、大容量のHDDに交換にトライしてみた。
OSはWindowsXPで、NTFSを使っている環境。
無料で使えるSystemRescueCDを使って無事に新しいHDDに移行できたのメモしておく。
(途中試行錯誤があったため、何か手順が抜けてるかも。。)
  1. 用意するもの
    • SystemRescueCD (http://www.sysresccd.org/)
    • 新しいHDD(交換するHDD)
    • バックアップHDD(USB接続で使用する一時ファイル保存用のHDD)
  2. 元のHDDでWindowsXPを起動
    1. システムのプロパティからページングファイルサイズを0にする
    2. デグラグしてできるかぎり分割をなくす。
      • 一回では十分でないような気がしたから何回もやった。
  3. SystemRescueCDで起動
    1. バックアップHDDをUSBでつなぐ
    2. 起動画面で[enter]
    3. 起動中、キーボード選択で22[enter]
    4. プロンプト表示後、startx[enter]
    5. GPartedを起動
      1. gparted[enter]
      2. バックアップHDDをFAT32でフォーマット
        • ディスクを間違えないように。自分の環境では/dev/sdb1がバックアップHDD。/dev/sda*は内蔵HDD。
      3. [APPLY]して終了。
    6. バックアップHDDを/mnt/bkにマウント
      1. mkdir /mnt/bk
      2. mount /dev/sdb1 /mnt/bk
    7. Partimageを起動
      1. partimage[enter]
      2. すべてのパーティションをバックアップHDDに保存
        • オプションを変更:gz圧縮をしない、パーティションチェックをしない
        • 自分の環境では、/dev/sda1~sda4。すべてNTFS。sda3がブートパーティション。
        • それぞれsda1.imgのような名前で保存。保存ファイルは連番がつきsda1.img.000のようになる。
        • ※バックアップ中にエラーで終了することがあった。バックアップHDDをつないでいるUSBポートを変えたらエラーが起こらなくなった。
    8. シャットダウン
      • shutdown -h now[enter]
  4. PCのHDDを新しいHDDに入れ替え
  5. SystemRescueCDで起動
    1. バックアップHDDをUSBでつなぐ
    2. 起動画面で[enter]
    3. 起動中、キーボード選択で22[enter]
    4. プロンプト表示後、startx[enter]
    5. バックアップHDDを/mnt/bkにマウント
      1. mkdir /mnt/bk
      2. mount /dev/sdb1 /mnt/bk
    6. Partimageを起動
      1. MBRを復元
        • イメージファイルはブートパーティションのバックアップイメージを指定。自分の環境ではsda3.img.000
        • 復元先のディスクは、/dev/sda
        • サイズが違うけどいいのかと何度も確認されるが[OK]連打
        • この操作でパーティション構成も復元される
    7. リブート
      • reboot[enter]
  6. 再度、SystemRescueCDで起動
    1. GPartedを起動
      1. 新しいディスクのパーティションサイズを変更。
        • sda3とsda4の領域を増やした。フォーマットはNTFS。
        • ブートパーティションsda3の先頭アドレスは変えない方がいいと思う。つまりsda1,sda2はいじらない。
      2. ブートパーティション(sda3)にboot属性が付いていなければ付ける
      3. GPartedを[APPLY]して終了
    2. バックアップHDDを/mnt/bkにマウント
      1. mkdir /mnt/bk
      2. mount /dev/sdb1 /mnt/bk
    3. Partimageを起動
      • sda1~sda4を復元
    4. ntfsresizeでNTFSパーティションサイズを変更
      1. GPartedでsda3,sda4のサイズを変更したが、このままだとWindows上では元のサイズのままになってしまう。
      2. ntfsresizeで変更する。
      3. パーティションサイズの確認
        • ntfsresize -i /dev/sda3[enter]
          • Current device sizeが変更後のサイズ。ここでは、50011223とする。
      4. 変更の確認
        • ntfsresize -n -s50011223 /dev/sda3[enter]
          • -nオプションでは実際にパーティションは書き換わらず確認のみ行う。エラーがなければ次に。
          • エラーが出た場合は、おそらくサイズ指定が間違っている。Current device sizeを指定すること。
      5. パーティションサイズを変更
        • ntfsresize -s50011223 /dev/sda3[enter]
        • 確認メッセージが出たらy[enter]
        • sda4も同様にパーティションサイズを変更する
    5. シャットダウン
      • shutdown -h now[enter]
  7. CDを取り出して、新しいHDDでブートすると正常にWinXPが起動するはず。
  8. システムのプロパティからページングファイルサイズを指定して終わり。

« MHP2G イベント素材で作れるもの その6 | トップページ | [MHP2G]モンハンくじ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506297/42614991

この記事へのトラックバック一覧です: SystemRescueCDを使って、ノートPC内蔵HDDを大容量のHDDに交換する:

« MHP2G イベント素材で作れるもの その6 | トップページ | [MHP2G]モンハンくじ »